エクステリアリフォームでは庭のデザインにこだわろう

エクステリアリフォームを考えるなら庭のデザインの種類を知ろう

エクステリアリフォームでは庭のデザインにこだわろう

積み木

外と中のアプローチ

エクステリアは家の外部にあるものですが、庭はその中でも家と外の環境との中間にあるものです。そのため、インテリアのように庭のデザインを楽しみたいものです。家が古くなってきたらすなわち庭も古くなってきたということなので、しっかり庭のエクステリアリフォームも考えていきましょう。

男女

和風の庭にする

庭のエクステリアリフォームでは、造園業者にリフォームを頼むことになりますが、造園業者にはデザインの特徴があります。大まかにデザインの特徴を知っておきましょう。庭のデザインの中でも日本式庭園は一定の人気があります。枯山水のような哲学的な雰囲気があるものから、日本らしい紅葉などの植物を絶妙に配置したものまであります。

家

洋風の庭も魅力的

ナチュラルなテイストや、ガーデニングを楽しめる庭も大変人気です。煉瓦でアプローチを作れば自然と石が織りなすインパクトのあるデザインができます。ガーデニングはアプローチからメインとなる植物を飾るスペースへと、見る楽しみを作る庭なので、慣れている職人がいる業者に依頼すると良いでしょう。

インテリアとエクステリアってどう違う?

インテリア

家具のことを指すと考えている人が多いですが、広義でいうと壁紙や照明など、家の内部にある装飾品などを全般的に指します。家の内部にあるので雨風に晒されるための設計はしません。

エクステリア

カーポートをはじめ、庭など家の外部にある外装パーツを指します。ブロック塀や玄関ドアもこれに含まれます。雨風の影響を受けるので、丈夫な素材を使って定期的にリフォームも検討されます。

広告募集中