塗装をよく考えれば外装にもっと変化を付けられる

工具

薄い膜で家を守る

外壁塗装はペンキで何度か塗るものなので、あまり必要性を感じていない人もいるといいます。大阪で所有する家を長持ちさせたいなら、塗装の役割を知り、定期的に塗り替えていくべきです。まず一番の目的は防水です。モルタルや木材を雨風に晒していればあっという間に水がしみこみますが、塗料を塗ればしみこまずに長持ちします。

見た目と内部は違う

見た感じでひび割れや剥落が起きていなくても、塗料としての耐久性は既に失われていることもあります。そのため10年経過すればオンテックスのような業者に外壁をチェックしてもらわなければなりません。チョーキングがあるならもうかなり劣化は進んでいると考えていいです。

外観にも影響がでる

外壁塗装が劣化してくると見た目も悪くなってしまいます。内部に入り込んだ湿気が家の外部まで影響し、黒ずんだカビとなって出てきてしまうのです。ツヤもなくなってしまいますし、最終的には歪みが生じ、入った亀裂から建物の崩落が始まってしまうのです。いつまでも若々しい見た目の家にするためにも、オンテックスといった業者の利用を検討すべきです。

塗り直すなら色も考えよう

ベージュ

ベージュは色の中でもスタンダードな色で、塗り直しの際も同じメーカーを選べば色を指定しやすいです。印象的には柔らかい、無難といったものになりますので、周囲と調和させたい人にはピッタリです。

オレンジ

濃いオレンジなど、周囲とはちょっと違う色にすると、目立ちます。しかもオレンジだとそれほど奇抜な色でもないので、周囲にもなじみやすいです。しかも暖色系は温かい印象も持たせられます。

長持ちさせる工夫

塗装を業者に頼むときには、塗料についても希望に合わせて選んだほうがいいです。塗料には耐久年数や施工の値段など、いろんな違いがあるので、名前だけでも知っておくともしものときに使える知識になります。

いろんな塗料の種類がある

  • アクリル
  • ウレタン
  • シリコン
  • ラジカル
  • フッ素
  • 遮熱
  • 光触媒

広告募集中